真の井上

急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、最も代表的な中耳炎で子どもによく発症します。耳の痛みや38度以上の発熱、ひどい鼓膜の炎症、耳漏(耳垂れ)などの多様な症状が発生します。
めまいが出ず、しつこく不快な耳鳴りと低音域の難聴の症状だけを何度も繰り返すタイプの事を区分けして「蝸牛(かぎゅう)型メニエール(メニエール氏)病」という名前で呼ぶ事がよくあります。
自分で外から見ただけでは骨折しているのかどうか自信がない場合は、怪我をした位置の骨を弱めに触ってみてください。もしその位置に強烈な痛みが響けば骨折の可能性があります。
物を食べる時は、次に食べたいと思った物をなんとなく口に運んで数十回噛んで飲み込んで終わりだが、その後人体は本当によく動いて異物を身体に取り込む努力を続けているのだ。
汗疱状湿疹は手のひらや足裏、または指の隙間などに細かな水疱ができる皮膚病で、大抵は汗疹(あせも)と呼ばれており、足の裏に現れると水虫と早とちりされるケースもままあります。
1型糖尿病という病気は、膵臓に内在する血糖値を下げるインスリンを分泌するβ細胞がダメージを受けてしまうことによって、その膵臓からインスリンがほぼ出なくなることによって発病する糖尿病なのです。
胸焼けが特徴である逆流性胃腸炎は、食事内容が欧米化したことやスモーキング・アルコール・肥満等の生活習慣が変化したこと、ストレスに縁って、いま日本人に増加しているという疾患だといえます。
杉花粉症などの症状(水っ洟、鼻詰まり、クシャミ等)のために夜よく眠れない場合、それが素因になって睡眠不足に陥り、次の日起きてからの業務に悪い影響を与えるかもしれません。
収縮期血圧140以上の高血圧が長い間継続すると、血管に重い負担がかかった結果、全身至る所のありとあらゆる場所の血管にトラブルが起こって、合併症になる可能性が高くなるのです。
下腹の激しい痛みをよく起こす代表的な病には、虫垂炎と混同しやすい大腸憩室症、尿路の結晶が詰まったりする尿路結石症、原因不明の潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症が起こる急性腹膜炎、卵巣の疾患などがまずみられるでしょう。
「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に中性脂質やコレステロールが付着した脂肪肝(しぼうかん)は、脳梗塞のみならず色々なトラブルを誘発する恐れがあるのです。
ポリフェノール最大の機能は水溶性であるビタミンCや脂溶性のV.E.などとは違い、細胞の間の水溶性部分に脂溶性の部分、細胞膜でも酸化しにくくする作用があるのです。
70代以上の高齢者や慢性病を持っている人などは、より肺炎にかかりやすくて治りにくいという傾向が見られるため、常日頃の予防や迅速な治療が重要だといえます。
内臓脂肪症候群であるとは断言されていなかったとしても、臓器に脂肪が溜まりやすい性質の悪い体重過多を持っているということで、命にかかわるような生活習慣病に罹患しやすくなります。
浮気調査 無料相談 杉並区
体脂肪率(body fat percentage)」とは、全身の脂肪の蓄積しているウェートを指し、「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪の量(キロ)÷体重(weight、キロ)×100」という式によって値を確認できます。